50代、老後のためにしておくことを考える

こんにちは。

毎月25日は給料日。

1か月よく毎日頑張ったなとお給料が振り込まれると思います。

いつまで働くのかと思う50代(^^;

60才までなのか、年金支給開始までなのか、それとも???

いつまでかわかりませんが、老後の備えは考えておかないといけませんよね。

花老後の生活費

老後、ここでは60才以降としておきます。

一応何歳からか自分自身で設定をしておかないと、いろいろな計算するにも

計算しづらいものですし。

総務省などの家計調査などをみると生活費って月平均27万くらいとなっています。

そして、雑誌などゆとりのある暮らしなら、月平均36万円だとか。

何をゆとりとするかは個人や世帯、家族で異なるのは当然ですか、

このような統計やアンケ―トは一つの目安となり参考になります。

あと、参考にするのは、今の家計簿。

毎月どのくらい使っているかわかります。

老後の生活費を考えるには、まず現在の月の生活費をチェック!というのが

まず第一歩です

いろいろな家計簿

花毎月の生活費以外の特別費

毎月の生活費以外にかかるものも老後の生活費を考える上で考慮しておかないと

いけませんね。

固定資産税、車などの税金、冠婚葬祭、そのほかに医療費や住宅関係(リフォーム)など。

こうしてみると、老後になってもかかるものはかかるのですね、

50代になったらそろそろ何にいくらかかるかなど、ライフプランを立てて

試算しておくと、なんとなく老後の暮らしぶりが見えてくるのでいいと思います。

ただ、試算なので、あくまでプラン。

誰も将来のことはわかりませんから、途中で修正なども必要になってくるでしょう。

でも、50代あたりになったら老後のこともいろいろと考え始めたほうがいい気がします。

花老後の備えのために

老後の備えに何をするか。

以前は定年時に退職金をもらって老後が始まるというのが一般的でした。

ただ、そのような人もあるでしょうが、退職金をもらうケースばかりでもないですし、、

そうすると、さて50代何をするか。

✔ 老後の住宅の確保:

住宅ローンが残っている場合は、50代のうちに完済を目指す。

以前、老後破産の番組で、定年後に住宅ローンが残ってしまい、

なかなか大変な家計になったケースをテレビで見ました(- -;

✔ 家計の見直し:

車・保険・通信関係など大きなものをどうすればいいか考える。

家計のチェック、見直しはできれば家族・夫婦で考えたいですね。

車の維持費

✔ 貯蓄を増やす:

50代は最後の貯め時。安全重視で増やす。

残ったら増やすではなくて、給料が入ったらまず先取り貯蓄。

ある決めた額を先に貯蓄してしまう方法です。

一度に大きく増えませんが、継続することで地道に増えていきます。

✔ その他

花まとめ

皆に訪れる老後。

老後だから何もしないわけでもないです。

老後も楽しく自分らしく暮らしたいものですね(^^)。

そのために、少しずつできる範囲で準備をしておく、自分なりにそう考えたりしています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする