先取り貯蓄:2月もこつこつ先取り貯蓄

こんばんは、さくらもちです。

昼間の気温がややましでした(^^)

もうすぐ春でしょうか?

花2018年2月も先取り貯蓄実行

毎月のことですが、自分自身の記録もかねて、書いています。

今月もありがたくお給料が振りこまれました。

そして、毎月のことですが、先取り貯蓄の口座へお金を移します。

毎度のことですが、少しずつ増えていきます。

一気には、増えませんが、毎月、移している分は増えます。

そして、2月は銀行の利息も雀の涙ですが、口座に振り込まれていました。

通帳

花銀行の利息

10年ぐらいか、それ以前でしたでしょうか。

まだまだ銀行の定期預金の利息があったころ、こつこつ銀行に預けて、

定期預金にすると、少しずつ利息をいただけた、そんな時代。

リスクをとれない場合、この銀行の定期預金や個人国債は、堅実なものでした。

どうして、マイナス金利などになってしまったのか、私にはわかりませんが、

じっと我慢して、また、利息があがることを切に願っています(^^;

銀行はもう少し回復までに時間がかかるのか? 個人国債はそろそろ戻るのか、

素人の私には、わからないし、かといって、専門家でも言うことがまちまちな

このご時世。

先取り貯蓄と、利息の復活を望む日々となっています

花50代だから堅実に、、がマイルール

60才という定年、60才という区切りの年。

自分自身が数年後に60才になるなんて、まだ実感(?)がわきません。

でも気づくと、周りで60代も増えてきました。。

(私も数年後には仲間入りです)

60才以降もできればあまり変わりなくのんびりとマイぺースで暮らすことを

目指しているので、今50代の半ばであまり冒険はしないほうがいいと

考えています。

貯蓄にしてもそうです。

お金を殖やすには株式や投資、金、いろいろとあります。

情報もいろいろとあります。

が、しかし、50代に入って、今、冒険をするのは、二の足を踏みます。

大きく増えないかもしれませんが、確実な方法を選びます。

保守的なんでしょうね(^^;

何が正解か、それは誰にもわかりませんが、自分であれこれ思考を巡らせ、

この先取り貯蓄が自分にあっている方法なんだと思っています。

貯金箱

花まとめ

老後の生活のための先取り貯蓄に加えて、お楽しみ貯蓄も並行して行っています。

老後の生活のための先取り貯蓄は、60才まで継続させます。

お楽しみ貯蓄は、今年までの予定(^^)。

こちらは、目標額までたまったら、使う目的のあるものです。

遠い将来に使うため、近い将来に使うため、或は、自分の夢のために

使うため、目的は個々人でいろいろでしょう。

貯蓄は、ためるのが目的ではなくて、使うために貯めるわけです。

「目的」があるからこそ、継続できる、、というのかもしれませんね(^^)/

Enjoy貯蓄!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする