老後の過ごし方を考えてみる

こんにちは。お休み満喫中~(^^)。

ああ、お墓参りも済んだことだし、のんびりしています。

本日は、ちょっとお見舞いに行く予定。

こうして、用事や予定が入りながらも、休みだとばたばたしなくて

よいのが本当にストレスを感じず、のんびりできます

家、緑

花のんびりを楽しめる理由

こうしてのんびりが楽しめるのも、日ごろ仕事だとかしていて

忙しいから。時間に追われてばたばたしているのを知っていて、

連休だと、それが軽減できるから、、幸せに感じる。

たぶん、平日も仕事などせず、比較的時間に余裕があると、

これほど、休みや特に連休の休みを楽しめないのではないかと

思います。

のんびりする

花老後の時間の過ごし方

私は現在50代です。

私の考えるところの老後は定年退職後、つまり60才の後です。

最近は雇用延長などあり、60才以降も継続して働く人が増加して

いるようですが、自分自身どうするかまだ決めかねているので、

一応60才の退職後を私の老後としています。

そして、老後に何をするかも考えつつ、それにお金が必要なのであれば、

貯蓄をし、少しずつ準備をしている最中です。

好きな旅行を楽しんだり、本を読んだり、習い事をしたり、お寺巡りなど

いろいろあります。

ただ、それらを楽しむにも、少しは働いたほうがいいのかなと思うことも

あったり、、、

考えは日によって異なるので、また別の日のブログでは60才以降は仕事をしないと

書いているかもしれません(^^;

花週に1日でも仕事をしていたほうが余暇を楽しめる?

人それぞれですが、何となく私の場合、週に1日でも仕事をしていたほうが、

休みをより楽しめるのではと考えたりします。

週1日だとそれほどの収入にはならないかもしれませんが、おこづかいくらいでも

収入を得るというのは、必要なのかなと。

そして、働いているから、休みもより楽しめるような気がします。

(もちろん、個人個人でいろいろです)

あと、仕事をやめて何もしないでいると、曜日の感覚がなくなるとも

本で読んだことがあります。体力的に毎日というのは、徐々に無理になるのは

予測しているので、週に数日、働くと、その分家計にも余裕ができるし

「一石二鳥」かも、、などどあれこれ考えています。

花時短がいいのか、日数が少ないほうがいいのか

例えば、一日の勤務時間を短くする時短が、老後の働き方に適しているのか、

日数を減らして、ただ働く日は7~8時間勤務するほうがてきしているのか。

どちらのほうが、老後の働き方として、自分に適しているのかなと。

例えば

  • 1日6時間勤務。週5日で週30時間勤務
  • 1日5時間勤務。週4日勤務
  • 1日8時間勤務。週3日勤務
  • 1日8時間勤務。週2日勤務。
  • 1日4時間(半日勤務)で、週3日
  • その他

まあ、いろいろなパターンが考えられます。

老後も長く勤務して、社会とつながりをもっておきたいと思うのであれば、

細く長くのパターンですかね。。。。

花まとめ

まだまだ結論が出るまでには時間がかかります。

ただ、何か細く長く仕事をしている気は何となくします。

また、老後をのんびり楽しむためには、お金も必要です。

自分らしく好きなように過ごすには、お金が必要です。

お金がすべてだとはいいません。

もちろん。一番は家族の健康ですしね。

でも老後の資金も大切です。

ですから今は、それに向けて、こつこつ貯蓄ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする